地域熱供給導入事例


東京都
準トップレベル
事業所

複合ビル群開発

丸の内二丁目地域との蒸気連携による効率化

[ ]丸の内一丁目

事業者サイト:[丸の内熱供給株式会社]

東京駅丸の内北口前に立地する丸の内オアゾの再開発ビルを始め、新丸ビル、日本工業倶楽部、金融機関の本社機能の集積する日本経済・金融の中心地域。
1984年に丸の内センタービルに蒸気供給プラントを設置して供給を開始、2004年に丸の内オアゾ再開発に合わせて冷水・蒸気の供給のメインプラントを新設、三菱信託ビルサブプラントとの冷水連携により効率的に冷水供給を拡大した区域です。
供給エリアの総面積は約12ha、供給延床面積は約86万m²に及びます。
2003年には太陽光発電システム(20kW)を導入、丸の内二丁目センターと蒸気連携をはかり効率的な運用を行っています。

(1)丸の内一丁目センター (2)丸の内センタービルサブプラント (3)三菱信託ビルサブプラント (4)東京海上日動ビルディング新館 (5)丸の内永楽ビルディング・三井住友信託銀行本店ビル・三菱東京UFJ銀行丸の内1丁目ビル (6)日本工業倶楽部会館・三菱UFJ信託銀行本店ビル (7)新丸の内ビルディング (8)丸の内駐車場 (9)丸の内センタービルディング (10)新丸の内センタービルディング (11)丸の内北口ビルディング (12)丸の内オアゾ (13)丸の内ホテル (14)日本生命丸の内ビル (15)千代田歩行者専用道第5号線 (16)丸の内1-3計画

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和58年5月24日)
供給開始昭和59年11月1日
営業地域東京都千代田区丸の内1丁目
延床面積857,302m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ 複合ビル群開発 ], [ ま行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop