地域熱供給導入事例


ホール、病院等の
中核施設に供給

地方中核都市

温度差エネルギー活用(河川水)

[ ]富山駅北

事業者サイト:[北電産業株式会社]

富山県が、とやま都市MIRAI計画として再開発を推進した富山駅北地域で、その先導的役割を担う「富山市芸術文化ホール」商業・業務ビルの「アーバンプレイス」「オークスカナルパークホテル富山」及び、先端医療設備を設置した「富山赤十字病院」とその周辺において、平成8年7月から未利用エネルギーである「いたち川」の河川水を利用した熱供給事業を行っています。
熱源に河川水を利用し、プラントには蓄熱槽を設置しています。熱源機器は、電気式ヒートポンプのみで深夜電力を有効活用した蓄熱運転を行っています。また、給湯は温水を熱源とした給湯用ヒートポンプで供給しています。

(1)Aプラント (2)Bプラント (3)富山市芸術文化ホール (4)アーバンプレイス (5)オークスカナルパークホテル富山 (6)富山赤十字病院 (7)富山県立乳児院

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(平成6年6月27日)
供給開始平成8年7月1日
熱供給事業を営む地域富山県富山市牛島町の一部、牛島本町2丁目の一部
地域面積153,000m² H27.3.31現在
延床面積87,807m² H27.3.31現在

カテゴリ: [ 富山県 ], [ 河川水 ], [ 地方中核都市 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop