地域熱供給導入事例


地方都市の
まちづくりに貢献

複合ビル群開発

尾張北部の中核都市

[ ]小牧駅西

事業者サイト:[東邦ガス株式会社]

尾張北部の中核都市として、旧市街地の活性と都市防災の向上を目的とした都市再開発が進められている地域です。
この再開発地域の中で都市防災、都市景観の向上など住みよい街づくりの一翼をにない、かつ省エネルギーの有効な方策として地域熱供給が導入されています。
都市ガスを熱源としたボイラで発生した蒸気と、吸収冷凍機を中心につくられた冷水を、冷暖房・給湯用に供給しています。

(1)小牧ガスビル(プラント) (2)大垣共立銀行 (3)ラピオ (4)名鉄小牧駅ビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成1年6月19日)
供給開始平成2年10月1日
営業地域愛知県小牧市小牧3丁目、中央1丁目の各一部
延床面積86,665m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 愛知県 ], [ 複合ビル群開発 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop