地域熱供給導入事例

発電能力
8,500kW
冷凍能力
61,000RT

複合ビル群開発

天然ガスコージェネレーション
+世界最大の冷凍能力

1971年の京王プラザホテル開業を皮切りに、我国の超高層ビル街の先駆けとして歴史を刻んできた西新宿一帯。この地域の冷暖房を一手に担い、快適な都市機能を支え続けてきました。1991年には東京都庁の移転に合わせてプラントを増強・移設。現在の冷凍能力は61,000RT(約2,154kW)と、世界最大級の規模となっています。またガスタービンコージェネレーション(8,500kW)で発電した電力を東京都庁舎等に送電するとともに、排熱の有効活用を図っています。
今後は、高効率冷凍機と、より大型のガスエンジンコージェネレーション設備を設置し、環境改善・省エネルギーの更なる推進に努めていきます。

(1)プラント (2)京王プラザホテル本館 (3)京王プラザホテル南館 (4)損保ジャパン本社ビル (5)新宿野村ビル (6)新宿センタービル (7)新宿三井ビル (8)KDDIビル (9)新宿モノリスビル (10)新宿住友ビル (11)小田急第一生命ビル (12)ハイアットリージェンシー東京 (13)都庁議会棟 (14)都庁第一本庁舎 (15)都庁第二本庁舎 (16)新宿NSビル (17)東照ビル (18)新宿パークタワー (19)山之内西新宿ビル (20)東京ガス新宿ショールーム (21)タイムズ・アベニュー (22)都営大江戸線都庁前駅 (23)あいおいニッセイ同和損保新宿ビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和47年12月25日)
供給開始昭和46年4月1日
営業地域東京都新宿区西新宿3-7-13ほか
延床面積2,241,911m² H29.3.31現在

ガスコージェネレーションシステム活用イメージ


東京都庁の地域配管内に都庁専用の送電線を敷設。停電時でも電力を供給。

東京都庁へ電力供給。電源の多元化により、エネルギー・セキュリティの信頼性を向上

災害発生時でも東京都庁は、その機能を停止させるわけにはいきません。
また、帰宅困難者の受け入れなど、都庁舎の果たす役割は多岐にわたっています。
新宿地域冷暖房センターでは、4,500kWの1号ガスタービンコージェネレーションを使用し、1,500~3,000kWの電力を都庁第二本庁舎に供給しています。送電にあたり、新宿地域冷暖房センターと都庁舎を結ぶ地域配管トンネル内に、専用の送電線を敷設。冷暖房や給湯用の熱供給とともに、電力供給体制の多元化を実現。
ライフライン機能の確保、停電時でも業務継続に必要な電力を供給するなど、BCP(事業継続計画)にも貢献しています。

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop