地域熱供給導入事例


導管が
共同溝に敷設

学園都市・ハイテクビジネス地区

世界に誇る学園都市

[ ]筑波研究学園都市

事業者サイト:[筑波都市整備株式会社]

商業・業務・文化機能を有し、多数の研究・教育機関が一大集積拠点都市として賑わう筑波研究学園都市は、世界に誇る高水準の活動を展開しています。
この都心地域に地域熱供給が導入されており、熱源設備は、炉筒煙管ボイラー・蒸気二重効用吸収式冷凍機・ターボ冷凍機を使用し、熱源は都市ガス・灯油・電力を併用し、生産された蒸気と冷水を供給する地域導管は、都心地区に整備された共同溝に電力・電話線等とともに敷設され、都市施設の利便性と景観向上に寄与し、快適な街づくりに貢献しています。

(1)プラント (2)クレオ (3)Q’t (4)つくば駅 (5)筑波合同庁舎 (6)オークラフロンティアホテルつくばアネックス (7)つくばセンタービル (8)つくばカピオ (9)南3パークビル (10)オークラフロンティアホテルつくばエポカル (11)つくば国際会議場 (12)つくば文化会館アルス (13)つくばエキスポセンター (14)筑波学 院大学付属図書館 (15)筑波学院大学 (16)茨城県立つくば看護専門学校 (17)つくば総合健診センター (18)筑波メディカルセンター病院 (19)筑波銀行 (20)ライト オン (21)常陽つくばビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和56年12月11日)
供給開始昭和58年8月1日
営業地域茨城県つくば市吾妻、竹園、天久保
延床面積273,462m² H29.7.1現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop