地域熱供給導入事例


インテリジェントビル
への熱供給

複合ビル群開発

東京国際空港の玄関口

羽田空港の国際化にともない、空港未来都市の玄関として益々注目を集める蒲田。官民一体によるJR蒲田駅東口再開発にあわせ、1998年12月に供給を開始。
高水準の耐震性・安全性を確保しつつ、ニッセイアロマスクエア(高層インテリジェントビル)と大田区民ホール・アプリコに熱供給を行い、当地のシンボル的エリアであるアロマスクエア街区に快適な環境を提供しています。

(1)プラント (2)ニッセイ アロマ スクエア (3)大田区民ホール

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成9年1月6日)
供給開始平成10年11月1日
営業地域東京都大田区蒲田5-18ほか
延床面積127,200m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop