熱供給システム

標準的なシステム

熱供給システムは下記の項目を考慮し地域に導入されます。

  1. 熱媒及びエネルギーソースに応じた 熱製造システム決定 (ボイラ、冷凍機、ヒートポンプ等)
  2. 熱媒、熱需要及び地理的条件に応じた 熱配給システムの決定 (配管本数、埋設方法、配管経路等)
  3. 供給区域内の需要の種類及び地理的条件を考慮した 最適熱媒の決定 (蒸気、高温水、低温水、冷水等)
  4. 熱供給に利用できる エネルギーソースの選定 (電力、ガス、石油、石炭、コジェネ排熱、工場排熱、未利用エネルギー等)

蒸気ボイラー+蒸気吸収冷凍機

ガス方式などによる一般的なシステムで、広く採用されています。

蒸気ボイラー+蒸気タービン駆動ターボ冷凍機

ターボ冷凍機が大型化できるため、大規模な地域熱供給に適しています。

熱回収ヒートポンプ+蓄熱槽

電気方式による一般的なシステムで変電所排熱など都市排熱を利用できます。蓄熱槽を設けることにより設備容量を削減することができます。

空冷ヒートポンプ+蓄熱槽

熱回収ヒートポンプとの違いは、冬場にブラインを使って冷却塔のかわりにヒーティングタワーで大気中の熱を吸収しやすくしたことです。

電動ターボ冷凍機(蓄熱槽)+蒸気ボイラー

ターボ冷凍機で冷水を、蒸気ボイラーで蒸気を作る一般的なシステムです。

pagetop