熱供給システム

未利用エネルギーシステム

未利用エネルギーを活用した地域熱供給システムは、従来使われていなかった都市の排熱を回収し、地域冷暖房の熱源としてリサイクル使用することにより、化石燃料の使用を減少し、地球環境にまで配慮した環境に優しいエネルギー供給事業として、21世紀の都市基盤になくてはならないものと評価されております。
未利用エネルギーを活用した地域熱供給システムとしては、主に下記のシステムが挙げられます。

河川水、海水利用システム+吸収ヒートポンプ(水熱源ヒートポンプ)

ガス・電気方式によるヒートポンプで河川水などの熱を未利用エネルギー活用するシステムです。

ごみ排熱利用システム+高温水ボイラー

ごみを焼却した熱を未利用エネルギーとして活用するシステムです。吸収冷凍機を使用して、冷水をつくることもできます。

海水利用ヒートポンプ+蓄熱槽、蒸気吸収冷凍機

海水の持つ熱を未利用エネルギーとして活用するシステムです。ヒートポンプ・蒸気ボイラーなどを使用して、冷水・温水および蒸気をつくりだします。

下水熱利用ヒートポンプ+蓄熱槽

都市排熱の約4割の熱量を持つと言われている下水の熱を未利用エネルギーとして活用するシステムです。

pagetop