地域熱供給導入事例


蓄熱式
ヒートポンプ
システム

複合ビル群開発

大学跡地と周辺の再開発地区

東京都により地域熱供給計画地域に指定された地域において、中央大学跡地とその周辺の再開発に全電気式地域熱供給を行うため事業化しました。供給導管が連携した2箇所のプラントより熱供給を行っています。
熱源システムは、空気熱源ヒートポンプ(熱回収型)・電動ターボ冷凍機で構成し、第1・2プラント蓄熱槽総容積6,065m³となっています。

(1)第1プラント (2)第2プラント (3)三井住友海上駿河台新館 (4)東京地下鉄千代田線新御茶ノ水駅 (5)中央大学駿河台記念館 (6)日本大学お茶の水校舎 (7)東京YWCA会館 (8)杏雲堂病院 (9)御茶ノ水杏雲ビル (10)瀬川ビル (11)新お茶の水ビルディング (12)新お茶の水ビルディング病院棟 (13)日本大学病院

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和62年3月31日)
供給開始昭和63年4月1日
営業地域東京都千代田区神田駿河台1丁目ほか
延床面積249,000m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ 複合ビル群開発 ], [ か行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop