地域熱供給(DHC)とは

地域熱供給(地域冷暖房)事業について

地域熱供給(地域冷暖房)は、 冷水温水 等を一箇所でまとめて製造し、 導管 を通じて街(建物)に供給するシステムです。

複数の建物等に熱を供給し、 加熱能力 が21GJ/h以上の規模の熱供給事業は、「 熱供給事業法() 」の適用を受けます。

個々の建物で熱源設備を設置する『個別熱源方式』に比べて『地域熱供給』は、省エネルギー性・環境保全性・防災性に優れており、また、スマートシティやBCD(業務継続地区)の構築に必要不可欠なエネルギー供給システムとして期待されています。

※熱供給事業法が適用される地域熱供給事業の要件

区分熱供給事業法の適用を受ける場合
(以下の要件を全て満たす場合)
要件需要一般の需要
規模加熱能力21GJ(ギガジュール)/時以上
供給数複数の建物
事業者需要家と資本関係のない第三者または、自家使用にならない事業者
  • 1J(ジュール)とは、1N(ニュートン)の力である方向に物体を1m動かすときの仕事をいいます。
  • 1N(ニュートン)とは、1kgの物体をある方向に1m/sec 2 (秒 2 )の加速度を与える力をいいます。
  • 1cal=4.18605J.

地域熱供給(DHC)とは