熱供給とは

地域熱供給(地域冷暖房)イメージ図

全国に広がる『地域熱供給』
1か所又は数か所の熱供給設備(プラント)から冷水・温水・蒸気などの熱媒を、導管を通して複数の建物等に供給し、冷房・暖房・給湯などを行う事業を『地域熱供給』といいます。
この中で、複数の建物等に熱を供給し、加熱能力21ギガジュール/時以上の規模を持つ事業は、「熱供給事業法」が適用されます。(※)1ギガジュール=百万キロジュール
個々の建物での熱源設備に比べ下記の特長を有する『地域熱供給』は、優れた省エネルギー性・環境保全性・防災性に加え、スマートシティやBCD(業務継続地区)の構築に必要不可欠な熱エネルギー供給システムとして期待されています。

〇熱源設備の集約化・大容量化により、優れた省エネルギー性・環境性を実現します。
〇再生可能エネルギー熱や都市排熱の有効活用が可能です。
〇高度な運転技術による省エネルギーと安定供給を実現します。
〇非常時においても、熱エネルギーや電気を一定期間供給できるシステム構築が可能です。

『地域熱供給』のイメージ

エリア全体で使用する熱エネルギーを24時間供給し、都市の快適性、利便性の向上を図る「地域熱供給」は熱源設備の集中管理と効率的なエネルギー供給により理想的な都市づくりを実現していきます。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

flow

熱源

ガス、電気、石油などを燃料とするほか、海水、河川水、下水等の再生可能エネルギー熱やごみ焼却場、地下鉄、変電所等の都市にあふれるさまざまな排熱エネルギーを利用することができます。

プラント

地域全体の冷暖房や給湯のエネルギーとなる冷水、温水、蒸気をボイラー、冷凍機、ヒートポンプなどの設備により集中的に製造する施設です。

地域導管

プラントから直埋設や共同構内の導管を通して、地域内の建物に冷水、温水、蒸気を送ります。

お客さま

地域導管からの冷水、温水、蒸気を利用して冷暖房や給湯ができますので、個別の熱源システムは不要になります。

pagetop