熱供給とは

地域熱供給(地域冷暖房)事業のメリット

地域熱供給(地域冷暖房)のメリット 1

低炭素社会の実現に貢献します。

地域熱供給(地域冷暖房)は省エネルギー効果を発揮することで二酸化炭素(CO2)の排出を抑え、低炭素社会の実現に貢献します。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

flowflow

地域熱供給(地域冷暖房)のメリット 2

快適で安全な都市まちの実現に貢献します。

地域熱供給(地域冷暖房)は熱源設備をまとめることによって、都市まちの機能面でも様々なメリットを発揮します。

地下や屋上に有効なスペースが生まれ、様々な設備に活用できます。

熱源設備が一箇所にまとめられることにより、熱供給を受ける建物は、余ったスペースを様々な用途に転用することができます。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

flow

安全面の機能を充実させることができます。

プラントの地下にある蓄熱層の水は、災害時には防災用水として利用できます。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

flow

地域熱供給(地域冷暖房)のメリット 3

都市まちに省エネルギー効果をもたらします。

地域熱供給(地域冷暖房)は必要とするエネルギーを都市単位でまとめて製造し、供給することによってより大きな省エネルギー効果を発揮します。

画像をクリックすると拡大図が表示されます。

flow

再生可能エネルギー熱や都市排熱の活用が可能です。

地域に存在する“再生可能エネルギー熱”(太陽熱、地中熱、河川熱、海水熱、下水熱等)や“都市排熱”(清掃工場排熱、工場排熱、地下鉄・変電所排熱等)を地域熱供給プラントに導入し、高効率に熱をつくり、地域全体で利用することにより、大幅な省エネルギーを実現することができます。

再生可能エネルギー熱の種類

海水、河川水、下水処理水や地下水は、外気温に対し冬温かく夏冷たく、しかも、年間を通して温度が安定しているため、この温度差をエネルギーとして利用します。

都市排熱の利用例

pagetop