地域熱供給導入事例


省エネ率
40

ウォーターフロント開発

温度差エネルギー活用(海水)

[ ]シーサイドももち

福岡市西部のウォーターフロント開発地区であるシーサイドももち地域で、「福岡ソフトリサーチパーク」を中心とした情報・商業・文化施設及び「福岡ヤフオク!ドーム」を核としたスポーツレクリェーション施設に熱供給を行っています。
熱源設備は、未利用エネルギーである海水温度差エネルギーを活用した海水熱源ヒートポンプと氷蓄熱、水蓄熱をベースに運用しています。さらに、熱回収型電動ターボ冷凍機、ガス直焚吸収冷温水機を使用しています。

(1)第1熱源センター、NEC九州システムセンター (2)第2熱源センター、日立九州ビル (3)国際医療福祉大学大学院 (4)AIビル (5)福岡ソフトリサーチパークセンタービル (6)富士通九州R&Dセンター (7)AITビル (8)TNC放送会館(放送会館・パヴェリアホール) (9)RKB放送会館 (10)福岡市医師会館 (11)国際医療福祉大学 (12)Mタワー (13)NCBシーサイドビル (14)福銀シーサイドセンタービル (15)九州大学産学官連携イノベーションプラザ (16)福岡市総合図書館 (17)ホークスタウン(ヒルトン福岡シーホーク、福岡ヤフオク!ドーム、ホークスタウンモール(建替工事中)) (18)福岡システムLSI総合開発センター

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成3年5月30日)
供給開始平成5年4月1日
営業地域福岡県福岡市早良区百道浜1丁目ほか
延床面積654,312m² H29.3.31現在

温度差エネルギー(海水)活用イメージ

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop