地域熱供給導入事例


供給区域面積
30.29ha

ニュータウン開発

自然と都市機能の調和

[ ]八王子南大沢

事業者サイト:[東京熱供給株式会社]

「自然と都市が調和した街づくり」が京王相模原線・南大沢駅を中心とする多摩ニュータウン西部地域で進められています。街づくりは、南大沢駅を挟む南北2つのゾーンに分け、南ゾーンは商業施設や文化施設、北ゾーンは主に業務施設の建設が予定され、現在南ゾーンに環境保全と省エネルギーの有効方策として熱供給事業を行っています。
供給設備は蒸気ボイラー、吸収式冷凍機の都市ガス主体、電動ターボ冷凍機・蓄熱槽の電気主体システムを利用して、都市エネルギーの平準化、省エネルギー化を図る計画となっています。

(1)プラント (2)ガリレア・ユギ (3)フレスコ南大沢 (4)フォレストモール南大沢 (5)南大沢警察署

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成2年5月30日)
供給開始平成4年6月7日
営業地域東京都八王子市南大沢2丁目ほか
延床面積104,043m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ ニュータウン開発 ], [ は行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop