地域熱供給導入事例


「福岡県庁」
に供給

地方中核都市

天然ガスコージェネレーション

福岡の都心部である天神地区から約2kmの距離に位置し、「福岡県庁」を中心とした行政の中枢として発展している地域です。福岡市が提唱する「パピヨンシティオ21」計画に基づき、昭和63年より順次、電算ビル、インテリジェントビル、ホテル等に熱供給が採用され、また、平成12年より「福岡県庁」に熱供給を開始いたしました。当地域の熱供給センターは、都市ガス燃料を主体としていますが、需要形態の異なるお客様のニーズにお応えするため、コージェネレーションやターボ冷凍機も利用したトータルエネルギーシステムを構築し、高効率な運転と安定した熱供給を実現しています。

(1)千代熱供給プラント (2)福岡県庁 (3)福岡市民体育館 (4)パピヨン24 (5)ホテルレガロ福岡 (6)千代文化スポーツセンター (7)ニシコービル千代

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和62年3月31日)
供給開始昭和63年4月1日
営業地域福岡県福岡市博多区千代1丁目、東公園
延床面積217,004m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop