地域熱供給導入事例


供給区域面積
67ha

ニュータウン開発

多摩丘陵に計画・開発された
我が国最大規模のニュータウン

多摩ニュータウンの中核、約67haの広大なエリアを供給区域とする当地域では、年間を通じて蒸気を供給しており、お客さま側の蒸気吸収式冷凍機で製造した冷水によって冷房を行っています。
また、熱供給配管の主要部分を、電気・水道が収容されている共同溝内に設置し、都市基盤施設の利便性向上と快適な街づくりにも貢献しています。

(1)プラント (2)多摩精神保健福祉センター (3)多摩南部病院 (4)東京海上日動ビル別館 (5)東京海上日動ビル本館 (6)多摩消防署 (7)富士多摩ビル (8)富士多摩スクエア (9)NTT多摩ビル (10)多摩中央警察署 (11)新都市センタービル (12)東京ガス多摩NTビル (13)多摩郵便局 (14)朝日生命多摩本社ビル (15)多摩ニューシティービル (16)桜美林学園 (17)ココリア多摩ビル (18)パルテノン多摩 (19)京王プラザホテル多摩 (20)マグレブビル (21)マグレブイーストビル (22)ベネッセコーポレーション (23)ペペリビル (24)埋蔵文化財調査センター (25)多摩センタートーセイビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和55年11月28日)
供給開始昭和57年4月1日
営業地域東京都多摩市鶴牧1-26-2ほか
延床面積499,798m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ ニュータウン開発 ], [ た行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop