地域熱供給導入事例


未利用
エネルギー(海水)
の活用

ウォーターフロント開発

天然ガスコージェネレーション
+温度差エネルギー活用

[ ]大阪南港コスモスクエア

事業者サイト:[大阪臨海熱供給株式会社]

大阪市が推進する21世紀にふさわしい街づくり「テクノポート大阪」計画の先導的役割を担い、大阪湾臨海部のコスモスクエア地域でその開発が進んでいます。その新都心のインフラとして、未利用エネルギーの海水を全面的に利用した地域熱供給を行っています。
熱源機器は、蒸気ボイラー、蒸気吸収式冷凍機、電動ヒートポンプ、氷蓄熱槽等で構成し、コージェネレーションを採用し、プラント内に電力を供給するとともに排熱蒸気を有効利用し、また熱源水、冷却水に未利用エネルギーである海水を利用しています。

(1)主プラント (2)海水プラント (3)ATCビル (4)大阪府咲洲庁舎 (5)~(7)ホテル、業務施設 ウォーターフロント開発

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成3年12月6日)
供給開始平成6年4月1日
営業地域大阪府大阪市住之江区南港北1丁目、 2丁目の一部
延床面積566,300m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop