地域熱供給導入事例


水と都の
複合都市

ウォーターフロント開発

天然ガスコージェネレーション
+温度差エネルギー活用(河川水)

大阪市の旧三菱金属(現三菱マテリアル)大阪製錬所跡地の再開発により誕生した「水と緑の複合都市」OAP(大阪アメニティパーク)において、未利用エネルギーである河川水を利用した熱供給事業を行っています。
熱源機器は、ガスボイラー、吸収式冷凍機、電動ターボ冷凍機、電動ヒートポンプ、水蓄熱槽で構成。コ-ジェネレーションを採用し、排熱蒸気を有効利用。また、ヒートポンプの熱源水には未利用エネルギーである河川水を利用しています。

(1)プラント、ホテルアネックス棟 (2)ホテル棟 (3)オフィス棟 (4)住宅棟 (5)住宅棟

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成6年3月30日)
供給開始平成8年1月23日
営業地域大阪府大阪市北区天満橋1丁目
延床面積297,550m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop