地域熱供給導入事例


発電能力
1,800kW

地方中核都市

石油コージェネレーション

[ ]山形駅西口

事業者サイト:[山形熱供給株式会社]

山形駅西口地域は、新しい山形の顔として再開発が進められ、24階建ての民間・公共複合施設である「霞城セントラル」と国内トップクラスの音響を誇る音楽ホールを有する「山形テルサ」を中心に、スーパー、ホテル、マンション等が建設され、新たな都市機能が整備されました。
石油コージェネレーションを組込んだ設備で、石油・電力・ガスのトリプルミックス熱源の採用により、低廉かつ安定したエネルギー供給を行っています。また、自立型の熱・電力供給設備であるため、防災対応性にも優れています。

(1)プラント (2)霞城セントラル (3)山形テルサ (4)駅西口文化施設(仮称)

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成11年10月13日)
供給開始平成13年1月1日
営業地域山形県山形市山形駅西土地区画内 1街区、9~11街区
延床面積84,087m² H29.3.31現在

石油コージェネレーション活用イメージ

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop