地域熱供給導入事例


下水処理水
有効活用

オフィスビル開発

未利用(温度差)エネルギー活用

[ ]幕張新都心ハイテク・ビジネス

「千葉新産業三角構想」を形成する大規模プロジェクトの一つで、業務・研究施設エリアとタウンセンターエリアからなる幕張新都心ハイテク・ビジネス地域において、日本で初めて下水処理水の持つ「熱」を活用した熱供給事業を行っています。
熱源システムは、下水処理水活用の水熱源ヒートポンプを主力に、空気熱源ヒートポンプ(熱回収型)、電動ターボ冷凍機等で構成しました。約4,460m³の蓄熱槽と組み合わせて「蓄熱式ヒートポンプシステム」を採用、夏期における電力負荷のピーク抑制並びに負荷の平準化を図っています。省エネルギー効果は約43%を実現しています。

※平成28年度実績値。一次エネルギー換算係数:全日9.760MJ/kWhにて算出。個別熱源システムとの比較(経済産業省資源エネルギー庁「未利用エネルギー面的活用熱供給の実態と次世代に向けた方向性」平成20年3月より)

(1)プラント (2)幕張テクノガーデン (3)日本アイ・ビー・エム幕張ビル (4)住友ケミカルエンジニアリングセンタービル (5)キヤノンマーケティングジャパン幕張事業所 (6)エム・ベイポイント幕張 (7)セイコーインスツルSII幕張ビル (8)スターツ幕張ビル (9)シャープ(株)幕張ビル (10)富士通(株)幕張システムラボラトリ (11)ちばぎん幕張ビル (12)KITZビル (13)イオンタワー (14)イオンタワーAnnex (15)ホテルスプリングス幕張

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和62年3月31日)
供給開始平成2年4月1日
営業地域千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目ほか
延床面積947,000m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop