地域熱供給導入事例


我国初の
未処理
下水利用

オフィスビル開発

温度差エネルギー活用(下水)

当地域は、JR水道橋駅に隣接する業務・商業地区で、レジャー施設も立地し、緑に恵まれた東京の名所として名高い所です。我国初の未処理下水を利用した熱供給事業を行っています。
熱供給施設は、電動ヒートポンプと蓄熱槽で構成されており、熱源水・冷却水に未利用エネルギーである未処理下水を利用しています。このため、省エネ・環境保全効果も高く、リサイクル型都市づくりに貢献しています。

(1)プラント(地下4~5F) (2)黄色いビル (3)後楽園ホールビル (4)住宅金融支援機構ビル (5)東京都下水道局後楽ポンプ所 (6)トヨタ自動車(株)東京本社ビル (7)東京ドームホテル (8)後楽森ビル(後楽ポンプ所上部ビル)

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成4年11月11日)
供給開始平成6年7月1日
営業地域東京都文京区後楽1丁目
延床面積242,383m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ 下水・中水熱 ], [ オフィスビル開発 ], [ か行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop