地域熱供給導入事例


国内トップ
レベル効率の
DHC

複合ビル群開発

当社初の熱電併用供給プラント

[ ]横浜市北仲通南

横浜港を見渡す再開発エリア(北仲通南地区)に、地上32階、地下2階の横浜市新市庁舎が完成しました。新市庁舎内に設置された熱供給プラントは、水害リスクを考慮して主要設備を市庁舎4階に設置し、隣接する横浜アイランドタワーさまにも併せて熱供給を行います。設備の主な特長は、蓄熱槽(2,800m3)の設置により設備容量・ピーク電力を削減、デマンドレスポンスへの対応と災害時には蓄熱槽水を市庁舎トイレ洗浄水等の非常用雑用水として転用します。
また、コージェネレーションシステム(1,000kW)を導入して、通常時はプラント内電力を自家消費し、余剰分を横浜市庁舎さまへ供給を行い、災害時には横浜アイランドタワーさまに電力を供給します。当プラントは、運転の最適化により排熱を100%利用したエネルギーの合理的かつ効率的な運用と、災害時の機能維持可能なBCP対策を備えた当社初の熱電併用供給プラントです。

(1)プラント (2)横浜市市庁舎 (3)横浜アイランドタワー 

事業登録平成30年7月20日
供給開始令和2年2月1日
営業地域神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地
延床面積182,772m² R2.6.1現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop