地域熱供給導入事例

3社7事業所の連携に
より20%の
省エネ・省CO2
実現

産業用活用

国内初の内陸型工業団地における、工場間一体型省エネルギー事業(CGS、太陽光発電)

国内最大級の内陸型工業団地である清原工業団地内に、清原スマートエネルギーセンターおよび電力自営線・熱導管からなる供給インフラを新設・運用し、立地する既存の3社7事業所へ対して効率的に電力、熱を供給する事業となります。
エネルギーセンターは、大型CGS、太陽光発電、貫流ボイラーなどで構成されており、最新のエネルギーマネジメントシステムの活用による最適運用で、単独事業所では難しい約20%の省エネ・省CO2を実現。ブラックアウトスタート機能を備えておりレジリエンスの向上も図っています。異業種のカルビー、キヤノン、久光製薬が、東京ガスエンジニアリングソリューションズと連携し、エネルギーを共同利用する国内初の「工場間一体型省エネルギー事業」。地産地消で地方創生に貢献します。

(1)清原スマートエネルギーセンター (2)久光製薬株式会社 宇都宮工場 (3)カルビー株式会社 清原工場 (4)カルビー株式会社 R&Dセンター (5)キヤノン株式会社 光学技術研究所 (6)キヤノン株式会社 宇都宮工場 (7)キヤノン株式会社 宇都宮光学機器事業所 (8)カルビー株式会社 新宇都宮工場

事業登録平成29年4月11日
供給開始令和元年9月16日
営業地域栃木県宇都宮市清原工業団地

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop