地域熱供給導入事例

「逃げ出す街」から
「逃げ込める街」へ
優れた
B.C.P 機能

複合ビル群開発

天然ガスコージェネレーション+特定電気事業

六本木ヒルズは21世紀の東京「文化都心」の拠点として、オフィス、住宅、商業施設の他、美術館等の文化施設を中心にホテルやテレビスタジオ等の情報施設も併設される国内最大規模の再開発地区であり、複数の街区にわたり一体的な再開発が行われた地域となっています。
効率的なエネルギー供給を目的としてガスタービンコージェネレーション(38,660kW)を用いて発電し電気供給を行う電気供給施設と、その発電時の排熱を有効活用する熱供給施設(19,000RT)とを併設して、省エネルギーと環境負荷低減への貢献を行っております。発電設備については同時に非常時等の防災型電源としての活用を図っております。再開発地区内の事務所棟、ホテル棟、劇場棟及び住宅棟に電気供給を、そして再開発地区内の全建物に熱供給を行っております。

(1)プラント (2)六本木ヒルズ森タワー (3)メトロハット (4)ハリウッドビューティプラザ (5)グランドハイアット東京 (6)けやき坂コンプレックス (7)テレビ朝日 (8)けやき坂テラス (9)六本木ヒルズレジデンス

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(平成13年9月7日)
供給開始平成15年5月1日
熱供給事業を営む地域東京都港区六本木6丁目
地域面積127,000m² H27.3.31現在
延床面積727,331m² H27.3.31現在

特定電気事業のイメージ

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop