地域熱供給導入事例


省エネルギー
安全性の高い
システム

商業・文化施設

JR千葉駅周辺開発

全国で12番目の政令指定都市としてベイエリアの中で目覚ましい発展と変貌が注目される千葉市。その玄関口となっているJR千葉駅の南側に誕生。アミューズメント性・文化性が充実した商業施設と都市空間にふさわしい業務施設を対象として、地域熱供給が導入されました。
熱源に都市ガスと電気を使用したベストミックス方式を採用し、社会環境を重視した省エネルギーで安全性の高いシステムにより、冷水・蒸気を供給しております。

(1)センシティタワー (2)そごう千葉店 (3)そごう千葉店 ジュンヌ館、プラント (4)千葉ショッピングセンター

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(平成3年6月12日)
供給開始平成5年4月21日
熱供給事業を営む地域千葉県千葉市中央区新町、富士見
地域面積46,000m² H27.3.31現在
延床面積211,287m² H27.3.31現在

カテゴリ: [ 千葉県 ], [ 商業・文化施設 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop