地域熱供給導入事例


発電能力
4,295kW

複合ビル群開発

天然ガスコージェネレーション

事業者サイト:[DHC名古屋株式会社]

名古屋の駅前に位置する、中部地区一の超高層ビル「ミッドランドスクエア」。名駅東地域熱供給はこのビルの地下5階にプラントを設置、周辺の建物と地下街に冷温熱を供給するものです。環境保全・省エネルギーに貢献するシステムとして、平成18年10月に供給開始しました。
「ミッドランド スクエア」の非常用発電機も兼ねるガスタービンコージェネレーション(2,000kW×2基)と高効率の蒸気吸収冷凍機、さらに水蓄熱システムの組合せにより効率と経済性を両立するシステムとしています。また、冷水を10℃の大温度差で供給することで、ポンプ動力の低減を図っています。

(1)プラント (2)ミッドランド スクエア (3)名古屋地下街(サンロード) (4)第三堀内ビル (5)ユニモール (6)スパイラルタワーズ  (7)名古屋ビルディング (8)愛知県産業労働センター (9)名古屋クロスコートタワー (10)シンフォニー豊田ビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成16年2月23日)
供給開始平成18年10月1日
営業地域愛知県名古屋市中村区名駅4丁目の一部
延床面積400,113m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop