地域熱供給導入事例


「JR品川駅」
駅前再開発

オフィスビル開発

品川駅東口地域は、JR品川駅東口(港南口)に隣接する芝浦・港南地域の南の拠点として、さらに山の手線南東部ゾーンの重要な拠点として位置づけられています。都心に近い立地を活かし、業務機能を中心にアメニティ豊かな環境を形成する複合的な再開発地区として発展が期待されています。
主要熱源機器として蒸気吸収式冷凍機・電動ターボ冷凍機と炉筒煙管式ボイラーをベースとし、夜間電力を活用した大規模氷蓄熱システムを設置し、冷水、蒸気の4管方式を採用しています。

(1)プラント (2)NTTDATA品川ビル (3)JR品川イーストビル (4)品川イーストワンタワー (5)太陽生命品川ビル (6)品川グランドセントラルタワー (7)三菱重工ビル (8)CANON S TOWER

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(平成12年6月19日)
供給開始平成15年4月1日
熱供給事業を営む地域東京都港区港南2丁目、品川区北品川1丁目
地域面積110,000m² H27.3.31現在
延床面積595,000m² H27.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop