地域熱供給導入事例


理想の環境
クオリティ
の実現

学園都市・ハイテクビジネス地区

業務施設、電算センター、スポーツ施設に供給

[ ]横浜ビジネスパーク

横浜ビジネスパーク(YBP)は、東京都心から約30km、横浜駅から直線で南西に約2.5kmのところに位置し、ビール瓶工場の跡地を東京のバックオフィスとして野村不動産株式会社が再開発を行った地域です。YBPには地域熱供給システムが導入され、NRIタワーをはじめ全10棟に蒸気・冷水の供給を行っています。
都市ガスと電力をエネルギー源としたベストミックス熱源方式により、エネルギーを効率よく使用し運転コストの低減を図るとともに公害の防止につとめています。

(1)NRIタワー (2)ウエストタワー (3)イーストタワー (4)ノーススクエアIII (5)ノーススクエアII (6)ノーススクエアI (7)メガロス横濱 (8)レストラン&ショップ (9)NRI横浜第一データセンター (10)NRI横浜ラーニングセンター (11)プラント

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(昭和62年10月8日)
供給開始平成2年1月4日
熱供給事業を営む地域神奈川県横浜市保土ヶ谷区神戸町134番地
地域面積131,743m² H27.3.31現在
延床面積222,895m² H27.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop