地域熱供給導入事例


ビル使用電力の
半分が
コージェネレーション

ウォーターフロント開発

天然ガスコージェネレーション

当地域の再開発は、工場跡地を含む豊洲1~3丁目地区を一体として、水辺や都心への近接性を活かし魅力的なまちを形成することを目標とし、また、民間の発想や活力を活かしながら、今後のウォーターフロント開発のモデルとなり、東京の都市再生に資することも目標にしています。
熱源設備は電気または都市ガスをエネルギー源としており、主要な設備としては、炉筒煙管型蒸気ボイラー、小型貫流型蒸気ボイラー、蒸気吸収式冷凍機、電動式冷凍機で構成されています。また、熱供給プラントに隣接したガスタービンからの排熱蒸気を全量受け入れ、熱源の1つとして利用します。さらに、冷水蓄熱槽と氷蓄熱槽を設置し、冷熱を蓄熱します。

(1)プラント (2)豊洲IHIビル (3)芝浦工業大学豊洲キャンパス校舎棟

改正法による登録平成28年4月1日
(旧法による事業許可)(平成16年9月29日)
供給開始平成18年2月1日
熱供給事業を営む地域東京都江東区豊洲3丁目
地域面積48,185m² H27.3.31現在
延床面積159,283m² H27.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop