地域熱供給導入事例


発電能力
1,400kW

商業・文化施設

天然ガスコージェネレーション

[ ]赤坂・六本木アークヒルズ

赤坂と六本木の結び目にあり我国最初の大規模都市再開発により新たに生まれた街であります。事務所、ホテル、住宅、テレビスタジオ及びコンサートホールという複合機能を備え、都市らしい高度利用を実現しまた、緑豊かなうるおいのある空間を創造するこの「都市の理念」の一翼を担うため地域熱供給が導入されました。
メインプラントは炉筒煙管ボイラー、吸収冷凍機、ターボ冷凍機、氷蓄熱槽設備を設置しています。サブプラントでは吸収冷凍機、ターボ冷凍機を設置しています。
蒸気は炉筒煙管ボイラーで製造するとともに、お客様側に設置されたガスタービンコージェネレーション設備の排熱を活用しています。
冷水製造は各機器を効率よく組合せて行い、省エネルギーを図っています。

(1)プラント (2)赤坂一丁目センタービル (3)ANAインターコンチネンタルホテル東京 (4)アーク森ビル (5)テレビ朝日アーク放送センター (6)サントリーホール (7)アークタワーズイースト (8)アークタワーズウエスト (9)サウスタワー (10)東京メトロ六本木一丁目駅 (11)赤坂インターシティ (12)CGS(コージェネレーションシステム) (13)サブプラント (14)榎坂森ビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和60年9月6日)
供給開始昭和61年4月1日
営業地域東京都港区赤坂1丁目、六本木1丁目、3丁目
延床面積520,751m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop