地域熱供給導入事例


交通の要所
「名古屋駅」
周辺に供給

複合ビル群開発

氷蓄熱とコージェネレーションの排熱を
組み合わせた電気とガスのベストミックス

[ ]JR東海名古屋駅周辺 JR東海名古屋駅北

JR東海名古屋駅周辺

JR東海名古屋駅周辺地域は、平成11年12月、JRセントラルタワーズの開業に合わせて熱供給を開始しました。現在3件(JRセントラルタワーズ、地下鉄1号線名古屋駅、JR東海名古屋駅)のお客さまに熱を供給しています。
当地域のプラントの特徴として、深夜電力を利用した氷蓄熱システムとガスコージェネレーションシステムの排熱の有効利用を組み合わせた、電力とガスのベストミックスによって省エネルギーを図る、環境にやさしい熱供給システムを採用しています。また、プラントの運転についても、蓄積された過去の実績データに基づき、運転効率の向上に努めています。
平成29年4月から、JR東海名古屋駅北地域と導管でつなぎ、熱融通のネットワークを構築することにより、相互バックアップによる供給信頼性の向上や、稼働プラント及び稼働機器の選択・集約による運転効率の更なる向上に努めています。

JR東海名古屋駅北

JR東海名古屋駅北地域は、平成27年11月、大名古屋ビルヂングの開業に合わせて熱供給を開始しました。現在3件(大名古屋ビルヂング、JPタワー名古屋、JRゲートタワー)のお客さまに熱を供給しています。
当地域のプラントの特徴として、3件のお客さまの建物の地下へそれぞれプラントを設置し、それら3つのプラント間を導管でつなぐことにより、プラント相互のバックアップが可能となり、熱供給の安定性を向上させています。
プラント間を導管でつなぐことにより、例えば、低負荷期においては、それぞれのプラント(熱源機器)で熱をまとめて製造し、そこで製造した熱を他のプラントへ熱融通する等、ネットワーク全体で最も効率的な運転を行うことが可能となっています。
また、熱源機器についても、深夜電力を利用した氷蓄熱システムとガスコージェネレーションシステムの排熱の有効利用を組み合わせた、電力とガスのベストミックスによって省エネルギーを図る、環境にやさしい熱供給システムを採用しています。

JR東海名古屋駅周辺
プラント (2)JRセントラルタワーズ (3)地下鉄1号線名古屋駅 (4)JR東海名古屋駅

JR東海名古屋駅北
プラント (2)大名古屋ビルヂング (3)JPタワー名古屋 (4)JRゲートタワー

JR東海名古屋駅周辺
事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成8年12月20日)
供給開始平成11年12月20日
営業地域愛知県名古屋市中村区名駅1丁目ほか
延床面積419,000m² H29.3.31現在
JR東海名古屋駅北
事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(平成25年3月21日)
供給開始平成27年11月1日
営業地域愛知県名古屋市中村区名駅1丁目ほか
延床面積587,000m² H29.3.31現在

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop