地域熱供給導入事例


3ヶ所のプラントを
連携導管で結ぶ

商業・文化施設

システム再構築による高効率化

事業者サイト:[西池袋熱供給株式会社]

昭和60年6月西池袋地域に「ホテルメトロポリタン」がオープンし、それに合わせ熱供給を開始いたしました。引き続き再開発が進められ、平成2年10月に「東京芸術劇場」の開館、平成4年6月に「東武百貨店」の増床、「メトロポリタンプラザビル」などが竣工し、お客さまも大幅に拡大いたしました。これら地域への熱の「安定供給」と、お客さまの「安心」を最大目標としています。
その熱源は電動ターボ冷凍機と蒸気吸収式冷凍機から構成されています。また、3ヶ所のプラントを連携導管で連結して、効率的な運転を行っています。

(1)センタープラント (2)第1サブプラント (3)第2サブプラント (4)東武百貨店 (5)メトロポリタンプラザビル (6)ホテルメトロポリタン (7)東京芸術劇場 (8)東武アネックス (9)池袋警察署 (10)東京西池袋ビルディング (11)池袋東武ホープセンター (12)池袋消防署 (13)東京地下鉄 (14)新カツマタビル

事業登録平成28年4月1日
(事業許可)(昭和59年10月9日)
供給開始昭和60年6月1日
営業地域東京都豊島区西池袋1-1ほか
延床面積470,990m² H29.3.31現在

カテゴリ: [ 東京都 ], [ 商業・文化施設 ], [ な行 ]

<< 地域熱供給導入事例へ戻る

pagetop